個人売買の場合にはトラブルが起きやすいですが

勝久   2016/5/11   個人売買の場合にはトラブルが起きやすいですが はコメントを受け付けていません。
車を売ろうとしたときに気をつけておきたいことが、契約
個人売買の場合にはトラブルが起きやすいですが、車査定の場合にはトラブルの心配は皆無です。


個人売買のときには、車を明け渡したにも関わらず、お金は未払いであったり、代金を支払ったけれども車の納品がされないというトラブルも考えられます。


売った後に購入者から苦情がくることも珍しくありません。


今回手放した車は乗り始めて長年経っており、車検期間も残り僅かだったので値段の付く車だとは思えませんでした。


そのため、新車を買ったときにそのまま無料で引き取ってもらいましたが、その引き取ってもらった車が後日、結構な高値で転売されていたのです。


それなら、私も車買取業者に査定をお願いして業者に売却した場合の金額を聞いておくべきだったと心底後悔しているところです。


もし、事故車であった場合などには売れるのかどうか考えることもあるでしょう。


新車に買い替えたければ新車購入時にディーラーに下取りの相談を行うのが、最も確実です。


持ち込み先が車買取業者であった場合には普通の買取と共通で、買取値に多少の差が出る理由は、年式や走行距離、部品状況などによるものです。


現在も取り扱われている型で、部品もすべて純正品ならば割合高値で買い取られることが多いです。